練習後記 

第232回目のAOKING FCの活動は、東京都3部リーグでした


*東京都3部リーグ
【場所】府中市総合体育館
【時間】12:25キックオフ
【相手】T.I.P.E.
【試合時間】12分ハーフ(プレーイング) ※ランニング換算:前半19分、後半21分
【ベンチIN】堀口、森下、土屋、右田、永楽、中島、角山、足立、島林、中村、井口
【+サポ】高砂、岡田、上野、福田、佐藤、ヒロミ、岡田JAPAN
2014-11-03-13-32-45

【スコア】3-2 (前半:1-1 、後半:2-1)  
【得点者(アシスト)】 堀口(島林)、足立(角山)、堀口(島林)

【1st】足立、島林、角山、堀口、中村
【交代】土屋、森下

【結果情報】 SMiLE様の結果掲載 Futsal Style様の結果掲載

今回は東京都3部リーグの4戦目( ´∀`)つ


2部リーグ昇格戦であるプレーオフに進む為にも1敗もできない状況での対戦でした

前半はランニング換算で約19分

前半10分にカウンターから失点し0-1、直後にFKでポスト直撃の2失点目の危機もありヒヤヒヤな展開に・・・

早く追いついて楽になりたい気持ちでいっぱいの前半終了1分前の18分、堀口がミドルシュートを放ち1-1と同点にしてハーフタイムに入れたのはよかったです

後半はランニング換算で約21分

キックオフ直後の後半0分、ルーズボールに対し最終ラインで堀口突破されGL中村と1vs1になりピンチ。。。

突き放される危機を回避して後半3分、島林選手が左サイドでキープ、中にいた角山選手へボールが渡り、右サイドの足立選手へ展開、ダイレクトでシュートを放ち待望の逆転で2-1
01033_Capture

神懸かったニア上ギリギリのコースへの強烈なミドルだったので、あれは誰も止めれないでしょう

しかし後半14分、パスをインターセプトされドリブルで突破されミドルを打たれ2-2に

後半19分、CKからシュートを打たれ壁の股を通りヒヤリとするシーンも・・・・中村選手のセービングで死守

後半20分残り15秒、決定的チャンスのシュートをブロックされた後に前のめりになってた事から1vs2のカウンターを受けファー詰めの決定的ピンチを迎えるも角山選手が体を張り死守・・・

泣きそうになるピンチをしのいだ後の試合終了10秒前、相手KIからのパスを島林選手がカットし堀口が突破しミドルを放ち待望の逆転弾が決まり3-2
01034_Capture

この時堀口は心の中で「頼む、最後にあと1回だけ俺んとこにボール来い。ボールが来たら絶対に決めてやる」と念じていました

トランス状態で全身全霊を込めて解き放った事から堀口はシュートを打った勢いで大きく舞い、着地した後はでんぐり返りをしないとその勢いを殺せないほどでしたwww
01034 Edit_Capture

残り5秒の状態で相手のキックオフ、すぐに試合終了

寿命が縮まりそうな試合展開でした・・・


引き分けだったかもしれない試合だったことから、試合終了後のMTGでは反省点ばかり


本当にこれで残り4試合全勝できるのか?

たとえ2部に昇格できたとしてもこれで戦っていけるのか?

昇格したいと思っている選手程、改めて危機感を持ったのではないでしょうか

残り4試合とプレーオフはこれから2~3月までの約5ヶ月の間に消化されます

つまりはたった5ヶ月をどう過ごすかで、来年どこのリーグでプレーできるかが決まるわけです

2部でプレーしたいのか、また3部でやり直したいのか

選手達には、どうしたいのかイメージを明確に持ち、そのイメージを実現させる為の行動を起こしてもらえたらと思います

たったの12分ハーフのプレーイングという短い試合時間の中で勝ちきる為にはわずかなチャンスをものにできるメンタル・技術・体力が必要不可欠です

これからは1人や2人が頑張っても勝てる相手と戦うわけではないので、全員がレベルアップへ向けて精進していきましょう