【1:熱中症とは?】

暑さが原因で発生する症状:熱射病日射病熱疲労熱失神熱痙攣の総称。
夏場に炎天下でプレーする場合は、屋外・屋内共に注意が必要です。
最悪の場合は死に至る事もありますので、正しい知識を身に付けておきましょう。


【2:熱中症が発生しやすい状況は?】


・梅雨で高温多湿
・気温が突然上がった
・水分、塩分をあまりとらずにフットサルをやり続けた
・夏バテなどで食欲が無く、栄養状態が悪い
・冷房に慣れすぎて、暑さに慣れていない
・運動不足なのに頑張りすぎてしまった


【3:熱中症を予防するには?】


・フットサルの合間に水分と塩分を補給する。(塩分やミネラルを含んだスポーツドリンク)
・フットサルの前に体調がよくないと感じたら休む。
・プレー中に具合が悪くなったらすぐに休憩する。
・普段の生活で冷房を使い過ぎず、栄養を取っておく。
・熱中症対策グッズを準備しておく。

熱中ガード アイスノン 氷結ベルト熱中ガード アイスノン 氷結ベルト
販売元:アイスノン

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
TANITA デジタル 簡易熱中症指数計 TT544-GDTANITA デジタル 簡易熱中症指数計 TT544-GD
販売元:タニタ

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 


【4:熱中症になったら何をすればいい?】


1:衣服をゆるめて楽にする。
2:風通しのよい日陰や、冷房の効いた所に移動する。
3:冷たい水で冷やしたタオル(冷たいペットボトルなどでも代用OK)を脇の下やももの付け根に置き、体を冷やす。
4:早めに医療機関を受診する。
5:自分で飲めるようなら、水分補給をさせる。(スポーツドリンクや薄い食塩水)


【5:熱中症の種類、症状、処置は?】


【熱射病】

[症状]
 体がじとっと汗ばんでいる。体温は普通か、やや冷たい。顔が紅潮し、高熱や頭痛、めまい、吐き気を伴い、呼吸困難になったり、意識を失ったりする。
[処置]
 涼しい場所(木陰、風通しの良い日陰、クーラーのきいた部屋など)へ運ぶ。冷たいタオルをおでこに当てたり、 扇いで風を送ってあげたりして、体を冷やす。体を締め付けている衣服等をゆるめて楽な姿勢を取らせる。意識のある場合は水または、薄めたスポーツ飲料を飲ませる。
[注意]
最悪の場合は意識不明になり、死亡することもある。
[原因]
 体内の水分不足または電解質不足により血液が「ドロドロ状態」または「空っぽ状態」になり、十分な酸素・栄養素が運動中の体に回らなくなった。体温が高い状態が続き、熱を十分に発散できなくなった。


【日射病】


[症状]
 体が乾ききって、汗が出ない。体温が異常に高く、顔が真っ赤にほてっている。意識が朦朧としているか無い。目まい、吐き気、頭痛に襲われる。
[処置]
 木陰など涼しい場所に移し、水分を補給させる。体を締め付けている衣服等をゆるめて寝かせる。体を冷たいタオルなどで冷やし、風をあてる。意識が無い場合や呼吸が止まっている場合がほとんどなので救急車を呼ぶ。
[原因]
 体内の水分と塩分が不足して、運動で暑くなった体温を下げる事ができなくなった。
[予防策]
 こまめに水分を取る。(スポーツドリンクなど、塩分やミネラルを含んだものを)

[注意]
 最悪の場合は意識不明になり、死亡することもある。

【熱疲労】


[症状]
 顔色が青ざめ、熱は出ずに、体の表面が冷たく湿る。
[処置]
 木陰など涼しい場所に移し、水分を補給させる。

[状況]
 高温多湿の状態で、長時間汗をかいた。

【熱失神】


[症状]
 顔が蒼白になり、脈が速く弱くなる。 めまいがしたり、一時的に意識を失う場合もある。
[処置]
 木陰などの涼しい場所に移し、水分を補給させる。

[原因]
皮膚に近い血管の拡張によって血圧が低下し、血流が減少した。

【熱痙攣】


[処置]
 木陰などの涼しい場所に移し、塩分を補給させる。つってしまった筋肉をストレッチする。薄めたスポーツドリンクを飲ませる。
[状況]
 高温多湿の状態でたくさん汗をかいた後、水分だけを補給して塩分を取らなかった。
[原因]
 血液の塩分濃度が下がり、筋肉に痙攣が起きやすくなった。

熱中症対策マニュアル熱中症対策マニュアル
著者:稲葉 裕
販売元:エクスナレッジ
(2011-06-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る